四川麻婆豆腐

2010/12/21 23:06 | カテゴリー: ごはん | コメントをどうぞ
タグ: , ,

四川麻婆豆腐とれおん
ちゃんと材料さえ揃えられれば麻婆豆腐の素なんか使わなくても簡単にできるよ。

材料(1人前)

  • 絹ごし豆腐(好きな人は木綿でも)1丁
  • 豚ひき肉100g(50gぐらいでも可能)
  • ねぎ3cmぐらい
  • にんにく1かけ
  • しょうが 1かけ
  • 豆板醤大さじ1
  • 花椒粉大さじ1
  • 合わせ調味料(事前に合わせて混ぜておく
    • 日本酒大さじ1
    • 醤油小さじ2
    • 甜麺醤小さじ2
    • オイスターソース小さじ2
    • 中華だしの素小さじ1
    • 砂糖小さじ1
  • 片栗粉小さじ2(同量の水で予め溶いておく)

麻婆豆腐材料

1.中華の基本は、まずは、あとは鍋に入れるだけ。の状態にしてしまうこと。段取りのお勉強になる。ねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りに、豆腐は一口大より少し大きいぐらいにさいの目切りに、豆板醤と花椒を除いた、調味料は全て混ぜておく。水溶き片栗粉も余裕があれば、この時点で作っておく。

中華鍋に、油を入れて熱し、ネギしょうがにんにくを入れて炒めます。

2. 中華鍋を熱し、鍋肌から少し煙が出るくらいになったら、一度火を弱火にして油を入れて、ねぎ、しょうが、にんにくを焦がさないように炒め、次に豆板醤を投入して、豆板醤の香りを出します。

ネギと豆板醤を炒めたら合わせ調味料と肉と花椒粉を入れて炒めます

3. 豆板醤の香りがして来たら、中火~強火にして合わせ調味料、ひき肉と、花椒粉を投入して、火が通るまで炒めます。火が強すぎるようなら火力を調整して、焦がさないようにしっかり炒めます。

肉と合わせ調味料に程良く火が通ったら豆腐を入れます。

4. 肉に火が通ったら、予め切ってある豆腐を入れて、崩さないように均等に底の方から木べらなどで軽く混ぜたら、中火以下に火を落として工事金発酵を依頼。この時に、火の回りを良くしようと豆腐をごちゃごちゃ弄らない事。弄れば弄るほど吐瀉物になるので注意。時々、底が焦げないように 軽くまぜつつ、10分ほど煮る。

豆腐に火が通ったら水溶き片栗粉で固める

5.豆腐に火が通ったら、必ず弱火にして、水溶き片栗粉を回し入れて、底の方から豆腐を崩さないように、混ぜ込んで固める。この時二回ぐらいに分けて入れて行くと、1回目でちょうど良くなれば、そこで辞めればいいと調整できる。これで、うまくあんかけ状になったら出来上がり。お皿に盛りつけて熱いうちに食べよう。

 

ちなみに、urdさんは究極の面倒くさがりなので、洗い物を増やしたくない。という理由で、合わせ調味料を作った器で片栗粉を溶いているので、色があまりよろしくないw

 

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。